webまんがミザリー

webまんがのミザリーが贈る完全無料のWEB漫画雑誌ブログ

webまんがのミザリーが贈る完全無料のWEB漫画雑誌ブログ

20181203
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ヴェノム』(原題:Venom)を観ました。

日本公開2018年11月2日
監督:ルーベン・フライシャー
主演:トム・ハーディ

2017年(シビル・ウォーからと考えれば2016年か)にようやっとMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の仲間入りしたスパイダーマン。まさにホームカミング!

そして、スパイダーマン最大のライバルにして、マーベル・コミックを代表するヴィランを主役に据えた本作。

…ですが、この映画、スパイダーマンとは全く関係がありませんでした!まっっったく!笑

調べてみるとMCUには組み込まれてないのね。

あんまりにもクロスオーバーありきの作り方ってそんなに好きじゃなかったので、そこは良し。
単独作品は単独作品として楽しみたいよね。
「ホームカミング」は好きな作品だけど、アイアンマン出すぎ。

続編確定してるっぽいし、トム・ホランドとの闘いは有るのか、無いのか、もこれからの楽しみの一つとなるのでしょう。きっと。


「マスク!」「了解」の変身シーンはめちゃ好き。

・ダークヒーロー?

「最悪」と称されるヴェノム。別にそこまで悪いヤツでもありませんでした。良いやつでもないけど。

本編観ると分かるんだけど、予告の映像はヴェノムくんが残虐に映る様にがんばってがんばって編集したなぁって感じ。一個ヴェノムの犯行じゃないやつ混じってるし。もう偏向報道の域。


・面白かったのがこの場面
べのむ

倫理観がヤバい。

・総括
ヴェノムくんがなんでエディの事気に入ったの?とか、なんで仲間を裏切っとるん?とか、肝心な描写の無いまま戦ってた。
言葉だけで説明しすぎてて、ヴェノムが「おれも負け犬だ」とか自称されても「そうなん?」としか…。

デッドプールの時も思ったけど、「いかに普通の人間から超人になったのか」って話の序盤のほうは観ててだるいものがある。仕方ないけど。
ヴェノムを観にきてるのに、ヴェノムが出てくるまで遅くない?

クライマックスの戦闘シーンは…盛り上がらせたいはずの場面で、盛り上がらず…、ヒロインのキメ台詞は軽くスベっていた。う~ん。

猪突猛進で独善的な記者エディと、彼に寄生した生物を食い荒らす“シンビオート”ヴェノムがどうやって良コンビになっていくのか…という期待していた描写は特に無く、

「善」と「悪」といったテーマには大して触れず、流されるまま流されて、それらしく展開していって、それらしい雰囲気におさまっていく。

ただ、ドロドロ変身ムッキムチなヴェノムはやっぱりかっこいいので、映像的には全然楽しめると思います。

・最後に
“マーベルの父”スタン・リーが2018年11月12日逝去された。

毎回恒例となっている、彼のカメオ出演は今作「ヴェノム」にも。
これが最後の出演となるのだろうか。

みんな、スタンリーに会いに行こう。


★★★☆☆



このエントリーをはてなブックマークに追加

20181125

怖がらせるつもりはなかった哀しきおばけ



 


このエントリーをはてなブックマークに追加

20181121

このエントリーをはてなブックマークに追加

20181118






 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ